忍者ブログ
へたれユーザー璃姫のマビ記録、他のゲームもチョイチョイと
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
先日のペッカクリアで気をよくし(すぐ調子に乗る)、残りの女神修復もちゃらっとやっちゃおうかな~と、バリ修復に単身突入。
ラストのオーガ戦士×5で、3回ほど女神マラソンしましたが、バリ下通行証、ラビ下通行証をゲットしてクリアできました //∇//

バリ下は後でどなたかと行くとして、ラビ下はいつもどおりにダンバで売ろうと、30分ほど待ったのですが、買い手現れず。
考えてみれば、土曜ですし、あの世の赤玉アルベイって選択肢もあったからでしょうかね。
長々と待っているのもつまらないし、ラビ通も無死ソロできるようになったんだから大丈夫よね、と、自らソロで乗り込むことに。


・・・甘かった OTL


苦手の刺ラゴは勿論なんですけど。
なんかね、スケさんの反応が早いの。
気がついたら死んでるのっ!!!

マグナムショット主体のソロ戦闘でありがちなんですが、標準を合わせている間に、標的以外のモンスターにタゲられ、1:1属性を持つ相手でも複タゲになるという現象がですね。
ラビ通のスケさんだと、「!!」を出したのと同時に、こっちもターゲットを切り替え、ARで強襲するってんで、わりと乗り切れるんですが、アーマーのスケさん、バッチリと間に合いません。
だって、「!!」出した瞬間に、殴られて昇天してるんだもんよ T-T
おかげで、1Fだけで5回も女神マラソンをするというハメに。

2Fに降りて、登場する赤スケさんは、むしろやりやすいんですが、ここで待ちうけるは、「刺ラゴ→スケ→赤スケ」とかいう悪夢の3段沸き。
びーびーと、泣き言をいいついた xakraさんには「うまうまじゃないですか」などと言われましたが、ありえないから、それ! ><
スタミナ持ちませんがな ; ;

しかも、1、2、3Fとも、ハーブがオールグリーンと、へこむこと甚だしく、ひたすら一人で来たことを後悔し、帰りたい、帰りたいと、ぼやく道中。
しかしながら、売れてりゃ1万Gかと思うと、帰る気にはなれません(ドケチ
ただひたすら、赤サキュさんと会うことだけを楽しみに、帽子を落とし、グローブも官庁に届けながらも、もはや意地だけでじりじりと進行。


だが、神はここで微笑んだ。
4F、そこは金色に輝くコンビニ・・・じゃない、ハーブの園。
金色の園
末端価格で1万Gだぜ、と狂喜乱舞して、えっほえっほと抜き抜き。
ところが、抜くのに時間がかかって、夕飯離席をするハメに。

 ・
 ・
 ・

そして、悪魔もココで微笑んだ。

落ちてる OTL

戻ってきたら、ガッツリ終了してましたがな。
あ"あ"あ"、よりによってハーブ部屋まで来ていて、ボスも目前だってのに。
回収費をモノともせず進めてきた、唯一の楽しみだった赤サキュさんとの密会も、全てパーですがな ; ;

ええ、もう二度とラビ下に一人で行こうなんてしませんよ、ええ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
 ラビ下。なれりゃ旨いらしいですが・・・。
不慣れな身にゃ無関係ですな。まったくもって
五十嵐乱 2006/06/27(Tue)22:08:06 編集
無題
ですのお -"-
まー、そういうワケですから、今度、ご一緒してくださいねっ(* ^-')b
璃姫 2006/06/29(Thu)13:02:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
profile
  • Player 璃姫
  • 所属ギルド「エリンの薄明
  • マビノギ」タルラーク鯖にて生息中
    生産重視の戦闘音痴のキャラです
    目下暫くお休み
    かわりに別ゲームをやってたり
    ただいま「カードワース」にご執心
    自作シナは「荷物おきば」に保管中
archive
search
 
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
CardWirth Adventurer's Guild
Copyright(c) 我輩は璃姫である All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]