忍者ブログ
へたれユーザー璃姫のマビ記録、他のゲームもチョイチョイと
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
実装されて久しいのに、足すら運んだことがありませんでした料理大会。
料理大会挑戦券
そろそろAPにも余裕が出ようって頃ですので、挑戦券を入手して、ちょいと行ってみることに。

お昼の部に出るべく12:40頃、マハに到着。
だって、ルール分からないし、常連さんもいらっしゃることでしょうし、暫く料理なんぞしていないし(コラ)。
せめて(?)、初心者は早く会場入りせねば。
参加者続々
いるいる。既に入賞者タイトルをお持ちの方もチラホラ。
受賞や月間大会を狙ってる方でしょうかね。
こちとらパスタ本が貰えればいいだけなので、お気軽観光モード。
だって、コック帽なんか、もう欲しくないもん。
(コレクションブックで持ってた & ご丁寧に「便利な」エンチャまでつけた & 売った
ゴールデンウィークだから、参加者が多いかなと思ったけど、やっぱりそうだったようで。
ここ最近は15人前後だったと思いますが、今回は最終的に25人でした。
初回に比べれば、少ないでしょうけど。

時刻になると、しゅびびんと会場登場。
何でも売ってる会場店舗
おお、店だ、店だ。
ストーブなんてもんが設置されるのね、これで加熱料理するわけですか。
お店には、普段の食料品店で売っている食材のほかに、魚や粉、牛乳、水なんかも売ってました。
空瓶も準備していったんですが、要らなかったんですね。
お酒類も充実してました
なるほど、会場内で全部まかなえるようになってるんだと、納得。
締め切り時間は画面左上に表示。
リアル1時間ありますから、本を貰うのが目的なら、楽勝っぽいです。

向かいには料理課題を出すNPC、ケイティン、グリニス、ゴードンの三人。
話しかけて、参加するを選択して挑戦券を渡し、いざ、課題へ。
まずはケイティンの第一課題から。
第一課題は麦パン
作ったことNEEEE!
なんでのっけから、微妙にマイナーチックな料理なんですか。
比率どころか材料すら知らないわよ、大麦粉を使うってぐらいしか。
「どうですか? できそうですか?」って、思わず「できねえよ」と応えそうになりましたよ。
調べるしかなく、Wikiだと重いでしょうから、別の料理サイトさんを参照。
裏窓を眺めながら材料を買い、じゅうじゅう焼き焼き。

ぱぽーん、第一課題クリア
誤差ありでしたが、なんとか1発クリア。
派手だ。クリアすると花火が上がるのね。
25人×3回=75発、こんなところで金を使うからマハは過疎になr・・・とか、見当はずれなことを考えていたり。

お次の第二課題は、グリニスおばさま。
第二課題はオニオンスープですと!?
またも、作ったことNEEEE!
なにそのムダに手間のかかる料理。
レシピ知らないけど、煮込む前に、炒め料理をしなきゃいけないって記憶だけがあるわよ。
ああ、料理サイトのページ閉じなくてよかった。
玉ねぎ炒めの材料をまず調べて炒め、今度はそれをコトコトと。

すっぱーん、第二課題クリア!
1発で誤差なしクリア、グリニスおばさまを感動で泣かせてしまいました。
ラスト、ゴードン行ったるじぇえ!
きたる第三課題は

ゴードン 「マッシュルームスープだ」

待てこのヤロウ
2連続「炒める」+「煮込む」ってなんじゃい!
勿論、炒める工程から、材料すら知りませんYO><
SS撮ったつもりで、なかったあたり、呆然度が知れます。
だって、「煮込む」より「炒める」のが作れるランク高いじゃないの、修練で作るってことがまずないのよ、しくしく。
またも、2つ分のレシピを調べ、えっさほいさと、じゃあじゃあコトコト。
1回目は間違って生クリームとコショウの分量を逆にして、☆4つになってしまったので作り直し、次に作ったのは誤差ありでしたが、そのまま提出。
各キャラ「美味しい」というのを、言葉を尽くして褒めてくれるんですが。

ゴードン
「よみがえる・・・よみがえるぞぉ!
 アイスボルトが飛び交う中、塹壕の中を転がっていた・・・
 軍隊時代の記憶が!」


よりによって、なぜ塹壕。

料理大会クリア!
紆余曲折ありつつも、目的のパスタ本は入手。
ここまでで、大体15分。
ああもう、狙ってなかったけど、確実に受賞できない自信だけはありますよ。
ありますけど、授賞式がどんなものなのか気になったので、待つこと暫し。
・・・暫し。

・・・。

長えええ! 延々1時間待つわけ!?
画面を眺めているだけなのもヒマなので、放置して、リアル料理スキルを発揮することに。
こっちはレシピなんて存在を、意識したことすらないので極めて楽々。

げぷっと戻って、また暫くボーっと。
ずっと作り直していらっしゃる方もいるのか、ぎりぎりまで料理の音が響いてました。
そして、残り時間を5分・・・2分・・・1分・・・と、ジリジリ待って2時。

へ?

授賞式って、3位以内に受賞した人にしかイベント発生しないのね。
会場内にいれば特別なこと、例えば受賞した人が賞品受け取るシーンのムービーとか、そういうのが見られるのかなとか思ったんですよ。
でも、テロップに受賞された方の名前が流れるだけ、外にいたときと変わらないじゃん、待ってて損したあ!

今の特典だと、何回も行きたいとはあまり思いませんが、1回は見ておいて損はないイベントですね。
面白かったですよん。
(真上の文章で、損だとブチかましてますけど;)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
profile
archive
search
 
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
CardWirth Adventurer's Guild
Copyright(c) 我輩は璃姫である All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]