忍者ブログ
へたれユーザー璃姫のマビ記録、他のゲームもチョイチョイと
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
おかげさまをもちましてのメインストリーム終了+年齢25歳↑で、アーナの活動も一段落。
今度は、璃姫にかわって、こちらが「老いた」待ちです。

はじめて、戦闘キャラ(魔法タイプ)をやってみての感想は、結構、戦い方覚えたなー、という感じです。
百戦錬磨とは、流石にいかないけれど、そこそこ、という程度には動けるようになりましたね。
魔法カウンターは勿論のこと。
絶対に理解できないと思っていたウィスプ語も、やってみると以外に対応できるものでしたし(必ず1発はダメージ食らいますが)。
神業だと思っていた、対ゴーレムのFBカウンタ+スマッシュも、タイミングを見れば極端に難しいものでもなかったですし(4割がた失敗している気もしますが)。
他にも、フラソの1打ミルとか(最終的には武器威力だけで叩きのめしてましたが)、牛をPOT飲んでゴリ押すとか(これは以前からか)。

生産の極意はと聞かれたら、気合と財力、としか答える術はないわけでございますが、戦闘に関しては、ちゃんとプレイヤースキルというか、ポイントってのがありますもんね。
それを試行錯誤するのも面白いけど、どうしようもないときには、聞けば皆さん、大概知ってらっしゃいますし。
私が今まで、知らなさ過ぎだとも言いますが。
(だって、必要なかったんだもん><)

それと、やっぱり生産キャラとの違いですね。
璃姫とアーナと。
まだまだ双方ひよっこで、偏ったスキルしかもっていないので、物凄い両極端。
モロに違いが浮き彫りでした。

まずはAPに関して。
APが足りないってのは、キャラタイプ問わず、共通の問題だと思いますが、その背景事情が結構違うなあと。

戦闘スキルの場合は、そのもの、所要APが半端じゃないですね。
逆にトレーニング自体はそんなに難しくない(マスターランクあたりは別)と思いますね。
いっそ、APをためる=Lvを上げる間に、トレーニングが埋まってしまう感じで。
アーナはといえば、カウンターをCランクに上げるだけで、一苦労しました。
英字ランクですらこのざまですから、数字ランクに至っては言わずもがな。
マスターランクそろえまくってる人は、いろんな意味で見上げたものです。

生産スキルの場合、戦闘スキルに比べれば、それ自体に必要なAPは低めですが、2次的なスキルの場合、別スキルがあわせて必要なので(調合→薬草学、裁縫→紡織 などなど)、結果的に多く必要だったり。
また、トレーニングを埋めるのに時間がかかるので、その間に、つい余計なスキルに手を出してしまって、昇級できるころにはAPが足りなくなっているという感じだったり(こっちのケースは自分だけか?)。
資金にモノを言わせれば別ですけどね。

だから一概に、どっちが大変とかどうとは言えませんなあと。


次にバイト。
璃姫の場合、トレーニングをうめる目的でもありますが(紡織と料理と裁縫に限るでしょうけど)、資金や経験を稼ぐ手段としても、こなす回数は多いわけで。
最高革紐バイトとか、物凄くおいしいですしね。
ですから、特に気にせず、労せず、「勤勉な」タイトルを取得していました。
3番目ぐらいに取ったタイトルじゃなかったかな。

アーナの場合、スキルに絡むバイトなんて、達成自体が難しいわけで。
組紐とかありえない確率ですよ、璃姫の確率で慣れてたから信じらんない T-T
かといって、配達バイトだと実入りが少ないし、聖堂バイトもナオがあれば、殆ど必要ないし。
それに、びっちりバイトスケジュール組んでも、夜は暇になりますし(「夜のバイト」があったら、ある意味すごそうだけど)、だったら、バイトするよりダンジョンとか行ったほうが儲かるなあ、となってしまうわけで。
だからタイトルなんて遠い遠い。狙わないと取れませんもん。

以前、タイトルを持ってるのが凄いと言われたことがあり、なんでこんな簡単なタイトルをと思っていたものですが、今更ながらに納得。
向こうは狙って取ったと思ってたんでしょうが、こっちはなし崩し的に取ってたわけで、必然性がぜんぜん違ったんですね。


そして革と草。
革を拾わなかったり、草を無視していく人ってのは、今まで信じられない存在でしたが、うん、きっぱりと邪魔ですね、ありゃ。
自分は使わない人なら売るしかないわけで、でも売値に見合う代価が鬱陶しい。
革はインベ占拠率がひどいし、草は抜いている時間も惜しい。
アーナの場合、拾っておいて璃姫に渡せばいいんでしょうが、授受手段が他人を介すしかないとなると、手伝ってくれる人が見つかるまで保管しておかねばならならず、かといって余裕もなく。
とっておいて見合うのは、最高革ぐらいじゃないかしら。
だから、璃姫だとタゲを食らうのを無視し、目の色変えて拾いに走りますが、アーナだと拾うのは後回しでしたね。
草は全部無視。
最初こそ璃姫の感覚のままで、ハーブ(特に金)を見て、抜けないことに悶絶していたものですが、いまやアーナだと華麗にスルーできるようになりました。
必要とするものが違うと、価値観がホントに違うもんだなーと実感。

ほかにも色々と、思うところはありますが、長くなってまとめるのが面倒になったのでこの辺で(オイ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
立場というか目指すものが変われば生産用品やらに対する見方はかなり変わるものですね。あたしも以前はイベントリに空きがなければたいてい無視していた安い革、紡織をあげ始めると妙にほしくなったりしてますし。(安い革を求めてダンジョン潜れば特に必要ない別のものまで手にはいって邪魔になる変なジレンマ)
知り合いへの提供用ととりあえず金葉が抜ける程度に薬草学をランクDへあげてしまえば修練で抜く必要性も薄く、調合スキルもないので草が必要ない人と組んだPTだと金以外は無視してますしね。
どこかまとまりのない長文になりましたがこの辺で…(あたしも自Blogに改めて書くかな)
五十嵐乱 2006/11/13(Mon)13:54:19 編集
無題
安い革に関しては、私は逆に、露店を出している最中でも限り手を出さないようになっちゃいましたね
大きい儲けでもないですし、それにもうトレーニングにないので^^;
でもまあ、インベに空きがあれば、こまめに拾っときますよん
璃姫 2006/11/13(Mon)14:55:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
profile
archive
search
 
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
CardWirth Adventurer's Guild
Copyright(c) 我輩は璃姫である All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]