忍者ブログ
へたれユーザー璃姫のマビ記録、他のゲームもチョイチョイと
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
10/14 22:47。
露店放置(別名:寝落ち)から復帰した璃姫の目に、奇怪なるギルチャのセリフが届いた。

「ペッ下いくから、ちょっとこいや」

は?

全力で今一度 繰り返そう。

は?

きちゃった、ペッカ下
とか何とか言いつつ、結局、行っちゃいましたよ、異世界ペッカ下D!
なおくん、xakraさん、ソニさん、佐那さん、ヴィオさん、kiaraさん、それにナオサポあるだけまだマシだろうとセレクトしたアーナの7人で突撃。
時刻、23:35。
タフな人たちです (’ ’;

未知の世界という以前に、完璧に縁のない世界と思ってましたから、出現するモンスター、戦い方諸々、さっぱり不明。
というわけで、逐一、ペッカ下常連(ありえねえよ、このお坊ちゃん/笑)のなおくんにレクチャーいただきます。
なおくん先生その1
ここは、これこれのモンスターが出るからどうだとか。

なおくん先生その2
それぞれの役割とかね。
こういうことに関しちゃ、あちらさんがプロですから、ここは素直に拝聴。
そもそも、私が人より戦闘面で勝れることといえば、女神マラソンの回数ぐらいなもんで。
あ? それ戦闘って言わない?
気のせいです。

そんなわけで、複数人でIB→スマッシュのお手玉攻撃ですとか、教わったとおり、見よう見まねで奮闘。
分かっているつもりだけど、上手くいかないもんです ; ; ・・・って、私が簡単にできるようなら、ペッカは異世界じゃないだろうけど。
(開き直らない、そこ!)
でも、自分が死ぬだけなら一切かまわないんですが、トチると他の人にもダイレクトに被害が及ぶってのが、ココの怖いところ。
来ちゃった以上、「戦闘ヘタです☆ミ」なんてボケてるわけにもいきません。やることやらないとね。
(いや、充分言ってなかったか、アンタ)

でけえ!
モスラさんが出たり・・・

買わないわよ
ボッタクリ商人さんに出会ったり・・・

なまじ敵の強いところに来ると、へこたれて帰りたいと思うもんですが、ここまでケタが違うと、そういう発想すら超越します。
倒されることも、まともに攻撃できないことも、全てが観光要素になってしまうというか。
PTメンバーが頼りになるという、安心感もあるんでしょうけどね

きちゃった、ペッカ下
構成メンバーがバケモノ揃いだったり、なおくんの的確なレクチャー(褒めるだけはタダ)もあったりで、未転成のへこたれキャラがおまけにくっつきつつも、見事にボス部屋到着。

ばんしーっ!
そしてボインこと、バンシーさんとご対面~。
いやあ、生でお会いできる日が来るとは思わなかったわ //∇//

ぼこぼこ取巻のネコさんと、体液確保にゴーストさん達を片付け(るのを見物し)、バンシーさんをゴスソでミル、ミル、ミル・・・
ホントにゴスソじゃないと効かないんですね。

こうして、2:16、見事にペッカ下クリア。
約3時間、長丁場と見るべきなのか、この程度でクリアできるんだこの人達はと思うべきなのか・・・

ドラブレ初装備!褒章のドラブレは、引き当てた人が販売担当とのことで、来るな来るなと念じていたら、見事に、引き当てちゃいました。
がうーん、こういう運はなぜ発揮するんだろ。

でも、私がドラブレを手にする機会なんて、今後ないでしょうから、いいチャンスでしょうかね。
販売映像もかねて、記念撮影、撮影と。
エンチャントは残念ながら「精密」でしたが、素晴らしいかな、即時、買手がつきました。

そんなこんなで、かなり楽しかったです。
私がこう思うのは珍しいけど、また機会があったら、ぜひ連れて行っていただきたいですね^^

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
 ぺっ下置いてけぼり食らったのは果たして幸運だったのか不運だったのか・・・。ふてくされてダンバ戻ったらちもるさんと戦乙女のギルメンが居てラビ上級行くとのことなのであたしの知り合いも追加誘って総勢7名で行ってきました。・・・どうやら7名も居ると黄サキュバスは出てこない模様で黒とでかい雷球がボスでした。
爆弾骨の連鎖爆発とかも何度かあり、終わったときには2時回ってました。
結構楽しいダンジョン攻略でした。
五十嵐乱 2006/10/15(Sun)18:44:38 編集
無題
すぐ終えられるダンジョンでもないことですし、時刻も時刻でしたしね、仕方のないことでしょう。
そもそも、あのタイミングで長期離席したのだったら、帰還時間を提示していなかった乱さんの落ち度。
それでなくても相当な時間、皆、あなたのことを待っていたのですから、不貞腐れるのは筋違いですな。
璃姫 2006/10/25(Wed)23:24:03 編集
無題
 ぬぬぬ。・・・帰還時刻のことにまで頭がまわらなんだか。次回からは気をつけますかな。今回は幸いあたし以外にも手形がありましたしね^^;
無駄に待たせてすまんだな。
五十嵐乱 2006/10/26(Thu)09:11:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
profile
archive
search
 
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
CardWirth Adventurer's Guild
Copyright(c) 我輩は璃姫である All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]