忍者ブログ
へたれユーザー璃姫のマビ記録、他のゲームもチョイチョイと
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
先日のギルド集会で、キャラクターの名前の話になりましたので、なんとなく、所持キャラの命名の由来をば。


璃姫(メインキャラ)
中国は春秋時代、晋国の人「驪姫(りき)」が元ネタ。
この「驪姫」という人物、後の文公となる重耳の父、献公の寵妃であったわけですが、自分の子を跡継ぎにしたいがために、太子たる申生(重耳の兄)を謀殺したという、言うなれば典型的な悪女というやつです。
(史上、珍しくないといえば、珍しくないタイプの人ですが)
そういう性格はともかくとして、語感が好きでしたので、色々な当字にて、ほかの場所でも何度か使っていました。
現在の字で登録したのは、マビが初めてです。
なんとなく利用した文字ですが、ぐぐってみると、以外に同じHNを使っていらっしゃる方が多くて、驚いたものです。


藍*(倉庫・サブキャラ)
とあるネット小説の、登場人物の名前からです。
残念ながら、その名前自体は既に利用者がいたので、2文字目を変えて命名しました。
結果として、なんとなく知り合いのHNに似ている気もしますが。
凄いなと思ったのは、変更候補も3つばかり、利用済だったということ。
「藍」を使った名前って、人気あるんですね。
存在はよく吹聴していますし、会った事がある方もいらっしゃるでしょうが、このキャラ自体で遊ぶつもりもないので、移行前のFL登録のときから外していますし、名前を公開する気もあまりありません。


清左衛門(ペット:柴犬)
藤沢周平の著書「三屋清左衛門残日録」の主人公より。
元は、別のゲームで利用していた、ブログペット(犬)の名前でした。
その当時から「渋い」だの「味がある」だのと言われていましたが、現在のマビでも「渋い名前のワンコがんばれ~」などと、微妙な声援をいただいたことがあります。
非常に好きな作品なんですけどね。


花橘少将(ペット:褐色ショートヘア)
元ネタは、特にないです。
支払方法がネクソンポイントのみに変更されるという時期で、半端なWebマネーを消化するために買った(勿論、インベ用にもう1匹なにか欲しいな、という考えもあったからなんですけど)、という事情もあり、キャラに対する名前は、そんなに思い入れがなかったです。
たしか、なにかのゲームサイトで目にした、キャラクター設定だか、名前だかをくっつけて作ったような。


無声鈴鹿(ペット:サラブレッド)
稀代の名馬(誰がなんと評価しようと、私の中では名馬中の名馬です / 力説)「サイレンススズカ」の漢字表記バージョンです。
4歳(現3歳)のときに、この表記で香港国際カップに出走しています。
レースでの評価と結果は伴いませんでしたが、このとき武豊騎手が始めて手綱を取ったというのが、最大の転機であり、ポイントともいえるところで・・・って、閑話休題。
そんなわけで、サラブレッドが実装されると知ったときに、この名を逃して何がある! とメンテ明け直後に、カード購入&命名に踏み切りました。
まあ、もし誰かが使用していたら、喜高善(アドマイヤコジーン)、黄金旅程(ステイゴールド)という候補も用意していなくはなかったんですけどね。


こんなところで。
エルフを作成したら・・・こっちはまた漢字表記かなあ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
profile
  • Player 璃姫
  • 所属ギルド「エリンの薄明
  • マビノギ」タルラーク鯖にて生息中
    生産重視の戦闘音痴のキャラです
    目下暫くお休み
    かわりに別ゲームをやってたり
    ただいま「カードワース」にご執心
    自作シナは「荷物おきば」に保管中
archive
search
 
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
CardWirth Adventurer's Guild
Copyright(c) 我輩は璃姫である All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]